AIR Beta2 では証明書が必要になった件

Beta2ではパッケージするときに
adt -package Main.air Main-app.xml Main.swf
とBeta1の時のようにするとパスワードを求められるのでまず最初のコンパイルの時には
証明書を作らないといけないみたい。

自己証明書を作る
adt -certificate -cn SelfSign 2048-RSA Main.pfx yoropan

証明書の名前:-cn SelfSign
証明書の鍵の種類:2048-RSA
証明書のファイル名:Main.pfx
パスワード:yoropan

参考: Creating a self-signed certificate with ADT

これでMain.pfxという証明書ができるので晴れてパッケージ化できます。
●パッケージ化
adt -package -certificate Main.pfx -password yoropan Main.air Main-app.xml Main.swf

Beta1のときと比べると
-certificate Main.pfx -password yoropan
の部分が増えています。

参考: Exporting an AIR installation file using the AIR Developer Tool

追記:コマンドライン以外での証明書の作成手順がkamijo氏のブログで公開されています。
akihiro kamijo:Adobe AIR のデジタル署名機能について

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *