AIR版TwitterクライアントTweetrがバージョン2に

tweetr.gif
日本であまり使われていないかもしれないTweetrですが、
バージョンアップしていました。

1.ファイルの送信機能
ファイルを本体にドラッグすると送信されて格納されたURLが生成されます。(URLコピペの挙動変だけど。)

2.Webカメラの画像サイズが大きく
以前からWebカメラから画像が送信できていましたが、送信される画像サイズが128×128pxから200×200pxになりました。

3.インターフェースの変更
ちょっと見た目が変わりました。シンプルですっきりした印象。

Tweetrはバージョンアップするとクライアントに通知されるのですぐにバージョンアップしたくなります。
AIRアプリを作る場合には通知機能を入れておくべきだと思いました。

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *