Fireworksで開いているドキュメントの総ページ数を出力

モックアップなどを作る場合、1案件で何枚もドキュメントを作ってページ数も増えるけど
いったい何ページ作ってるんだっけ?なんてことがあると思うので作ってみました。

以下のコードを実行するとアラートでおしらせします。

Total:総ページ数です。(マスターページは含みません)
Master:マスターページの数です。

var dnum=fw.documents.length//開いているドキュメントの数

var pnum=fw.getDocumentDOM().pagesCount
var allpagecount=0//開いているすべてのページ数
var mastercount=0

for(i=0;iCountTotalPages.jsf


ファイルを開かないで実行できるものも作りました。
コマンドを実行するとファイル選択ダイアログが出ますので
ファイルを選択してOKを押すと総ページ数を出力します。

var fileArr=fw.locateDocDialog(2, [“PNG”])

var allpagecount=0//開いているすべてのページ数
var mastercount=0

for(i=0;iCountTotalPages_batch.jsf

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *