Flash機能拡張を作るときに便利なツール

あまり時間かけられないので使えるものは使うスタンスでやってます。
TimelineControllerを作ったとき
ボタンの装飾には
Web2.0風のボタン等がクリック一発で作れるPhotoShop用レイヤースタイル風MXP
ツールチップはGG Componentsの中のGG tooltips v2
スライダーはLightweight Slider Componentなんかを使っています。

ほかにも探したら便利そうなものがありました。
MCをステージの上下左右に拘束でき、マージンの指定もできます。
Infragistics Alignment Manager
Developing an effective Fireworks workflow
のSample filesに入っています。
使い方は解凍したらGettingStartedフォルダ内にムービーが入っているので分かりやすいと思います。

ちなみにここで紹介したコンポーネントはv2コンポーネントです。
AS3だとflexのコンポーネントが充実していると思うのでそっちを使うのもありかと思います。

あと、xulでインターフェースを作るときはコレが結構お勧め。
DialogDesigner
DialogDesigner
編集・読み込み・保存・テストができる優れもの。
ちょっといじってみるとxulでどんなパーツがあるかも分かるので勉強にいいかも。
letterspaceはこれを使って作りました。

他にもよさそうなものが見つかったら追記しますね。

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *