Flashアニメ制作をサポートする機能拡張パネル「Timeline Controller」

◆ダウンロード
TimelineController.mxp

◆バージョン
2009/1/8 v1.2
・タイムラインをスライドで移動できるタイムラインスライダを追加
・カウント数に応じてフレーム数を調節する機能が全レイヤーを対象に行えるようになりました。
ちょっと分かりにくいですが、20フレを10フレにしたい場合も
タイムラインをドラックして「フレームを削除」などせずに
フレームを選択してボタン一発で10フレにすることが出来ます。

2008/10/19 v1.1
・複数フレーム選択時でもカウントできるようにした
・UIの微調整
・ソースとmxpをSpark project内に移動

2008/10/06 v1

◆動作環境
WinのFlash 8、MacのCS3で動作確認しました。

◆機能一覧
[Timeline]
・現在のフォルダ以外を閉じる(ネストには対応していません)
・一つ上のレイヤーに移動
・一つ下のレイヤーに移動
・最上位のレイヤーに移動
・最下位のレイヤーに移動
・巻戻す(最初のフレームに移動)
・1フレーム戻る
・再生/停止
・1フレーム進む
・最後のフレームに移動
・前のキーフレームに移動
・次のキーフレームに移動

・タイムラインスライダ機能

[Frame]
・フレーム数をカウントします。(s=秒 f=フレーム)尺を秒単位で把握できます。
・カウント数分のフレーム数に調整(レイヤーすべて)
・カウント数分のフレーム数に調整
・カウント数分フレームを追加
・カウント分戻る
・カウント分進む
・キーフレームを追加
・キーフレームを削除(空白キーフレームも削除します。)
・空白キーフレームを追加

[Tween]
・トゥィーンなしに変更
・モーションに変更
・シェイプに変更

[Effect]
・フェードイン
・フェードアウト
(いずれもアルファ値でのフェードです。長さはカウントの数字が使われます。)

◆その他
バグ、要望、お気づきの点があればこのエントリにコメントください。

関連する記事:

Flashアニメ制作をサポートする機能拡張パネル「Timeline Controller」” に6件のコメントがあります

  1. Hi, i create some Jsfl like this, but i have some trouble, setInterval is so slow work. when we use play button animations on stage is lags and broken. if push ‘space’ button animation play smooth. Have iny idea?

  2. Hi MIshael.

    If you use flash cs5, you can use these methods.

    Play:
    fl.getDocumentDOM().getTimeline().startPlayback();

    Stop:
    fl.getDocumentDOM().getTimeline().stopPlayback();

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *