【Windowsストアアプリ】 Xbox360コントローラーとCreateJSを連携させる(1)


●このエントリーで必要なもの
・Windows8マシン
Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows 8
ゲーム コントローラーXbox 360 Controller for Windows

必要なものがそろったらMS公式のページからサンプルをダウンロードしましょう。

Windows 8 app samples サンプル
javascriptのサンプルをクリック。

ダウンロードしたZIPを解凍します。

XInput and JavaScript controller sketch sample (Windows 8)\C++,JavaScript\ControllerSketch.sln
を開いてF5キーを押してデバッグ開始します。


コントローラーを認識できないと画面下に「Please insert Xbox 360 common controller device」と表示されます。

ここで、もしコントローラーのドライバが入ってなければ入れてください。
このマシンは64ビットなのでプラットフォームを「x64」に選びなおして再度F5キーを押します。


すると左右のアナログスティックで線が書けるようになりました。
これでテスト完了です。
次に自分のプロジェクトを作ってみましょう。(つづく

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *