PhotoshopデータをFireworksで開くときのTips

Photoshopデータを直接開くと再現されないレイヤー効果があるのでPs側でそれらを全てラスタライズします。
Fw以外のソフト(gimp等)でもレイヤー効果とマスクがうまく再現出来ませんが、それらをラスタライズなりマスクを適用することで、見た目を崩さずにデータを渡すことができると思います。(この場合、当然レイヤー効果などの再編集はできません。)

CS6から追加されたレイヤーをフィルタリングする機能を使います。
レイヤーパネルの一番上のプルダウンで「属性」を選び更に「レイヤー効果」でフィルタします。

フィルタされたレイヤーを全て選択して、

レイヤー>ラスタライズ>レイヤースタイルを選択します。

ファイル>スクリプト>すべてのレイヤー効果を統合を選択しても同じ事ができますが、こちらの方法だとスクリプトが終わるまでにすごく時間がかかりました。

あと、非表示レイヤーは削除しておくと良いかもしれません。
それらもフィルタ出来ます。

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *